【インタビュー】大道具係に “こだわり” を聞いてみた!
ようこそ

【インタビュー】大道具係に “こだわり” を聞いてみた!

大道具係の代表の2人が語る、道具へのこだわり。

今回は、ミュージカルに向けて大道具を作ってきたメンバーの代表者、前野駿さんと菊野束紗さんに、そのこだわりについていろいろ聞いてみました。

―――

ネギ

よろしくお願いします。

前野

よろしくお願いします。

菊野

よろしくお願いします。

ネギ

では早速。作業にはいつごろから取りかかり始めましたか?

前野

文化祭明けからです。HR(ホームルーム、学級)で余った木材で作ることにしました。

ネギ

予算はいくらほど?

前野

1万5000円です。ちょうどぴったり収まりました。

ネギ

具体的にはどのようなものを作りましたか?

前野

酒樽やオール、牢屋の柵や荷車です。

ネギ

これまたずいぶん大きそうですね。

ネギ

大道具係は総勢何人くらいですか?

菊野

20人弱ですね。

ネギ

部員のほぼ3分の1かな?

ネギ

大変だったことはありますか?

前野

バリケードを作るシーンがあるのですが、どんな道具でバリケードを作るのか、テーブルとか、ほかに何があるといいかを考えるのが意外と大変でした。

ネギ

作るよりむしろ考えるほうが大変だったのか…

ネギ

こだわりや工夫があったら教えてください。

前野

時代に合った着色にはこだわりましたね。

菊野

大道具とはちょっと離れるんですが、加藤君(新3年)が拳銃をかなりこだわって作ってましたね。資料をさがすなどして時代考証を徹底していました。

ネギ

浦高生らしいこだわり…

ネギ

忙しいところありがとうございました。ぜひ運搬も頑張ってください。

前野

ありがとうございました。

菊野

ありがとうございました。

―――

演技はもちろん、こだわりの道具たちにも要注目!!

―――

こちらもご覧ください!
【インタビュー】学生指揮者に”委嘱初演”について聞いてみた!
【インタビュー】監督に”レ・ミゼラブル”について聞いてみた!

share

上下左右にスクロールできます。

閉じる